ご挨拶

昭和57年8月、今の院長の中山千里が診療をこの地で始め、平成20年より、医師 大澤万里も加わって2診体制で診療しております。診療内容としては、白内障や緑内障、眼鏡合わせや結膜炎治療など、眼科一般疾患の治療だけでなく、円錐角膜やハードコンタクトレンズを中心とした角膜疾患の診療にあたっております。幸い、当院の周辺には角膜・網膜・涙道・神経眼科などを専門とする病院が揃っているので、手術が必要な場合には適切な時期に紹介をし、その後の経過観察を行うというスタイルがとてもうまく機能しています。日々の診療の中で治療にあたっての難しい細かな疑問やご家族への説明などにも対応させていただき、不安なく治療を続けてもらうよう心がけています。

また、院長 中山千里は、京都府立医大眼科や明石市民病院眼科の円錐角膜専門外来にて、約50年診療に従事してきたこともあり、円錐角膜の患者さまの信頼も厚く、西日本各地から患者さまが来院してくださっています。円錐角膜の治療法も日々進歩してはおりますが、角膜移植が必ずしも根本解決になるわけではなく、まずは手術に至る前にさまざまなハードコンタクトレンズ(特殊レンズ)などを駆使して、根気良くレンズ処方・調整をしていくことが円錐角膜診療の第一と考えております。またその延長線で、ソフトコンタクトレンズでも処方の難しい遠近両用ソフトコンタクトレンズや乱視用ソフトコンタクトレンズの処方にも積極的に取り組んでおります。

以上のように、当院では、眼科一般診療 及び円錐角膜を中心としたハードコンタクトレンズ・ソフトコンタクトレンズ診療を柱に、日々診察を行っております。目に関するあらゆる疑問や心配ごとがある場合は、遠慮なくご相談ください。

院長 中山 千里

◆経歴

京都府立医科大学 卒業

日本眼科学会認定眼科専門医

◆所属学会

日本眼科学会・日本眼科医会

日本コンタクトレンズ学会

日本角膜学会

◆専門

円錐角膜など角膜疾患

home page

医師 大澤 万里

◆経歴

滋賀医科大学 卒業

日本眼科学会認定眼科専門医

◆所属学会

日本眼科学会・日本眼科医会

日本コンタクトレンズ学会

日本角膜学会

◆専門

円錐角膜など角膜疾患、コンタクトレンズ、眼科一般

IMG_0592-225x300