みなさ〜ん!100歳体操ってご存知ですか?

高知県から始まった自治体を中心とした体操なんですが、ちゃんとエビデンスのある体操として、私は患者さんから教えてもらいました。
尼崎市でも、最近力を入れておられるようで、最初は市の職員の方が指導についてくれて、おもりの貸し出しや、3ヶ月後・1年後に体力測定をしてくれるそうです。

プリントにあるようなちょっと太めのお兄ちゃんと龍馬くんの姿をお手本に、DVDを見ながらやっていく30分ほどの体操です。

「100歳まで元気に」という意味と、「100歳の人にもできる、簡単な体操」という意味でもあるそうですよ。

先日、医師会の集まりでこの”いきいき100歳体操”のセミナーがありました。

ここ尼崎市でも、すでに100以上のグループが稼働中とのこと。

え?そうです。当院は眼科なんですが、実は、私は診察をしていても、よぉ〜く症状を聞くと、問題は眼ではなく肩こりだったり、猫背だったり、運動不足だったり、呼吸の仕方が悪かったりなどが原因と思われた時は、肩をぐるぐる回したり、呼吸法を一緒にやってみたりと、時々脱線することがあるんですね。(何科でしたっけ?と笑われます😅)

そういう時、「100歳体操って知ってますか?」と宣伝をしています。

健康寿命を延ばすために外に出て誰かと話しをすること、継続して体を動かすこと、とっても大事だなぁとつくづく思います。

尼崎市でも、地区会館や介護所、病院のホールなどで地道に活動が広がってきているようです。

詳しくは、尼崎市福祉部 包括支援担当課まで。