一般の方にとっては、”涙道疾患”といわれてもすぐに思いつかないですよね。

先天性鼻涙管閉塞症(生後2週間ぐらいから、涙が出たり、目やにが出て見つかります)や

涙道閉塞症や涙道狭窄症(高齢になって、涙がうるうるとたまる症状がみられます)が、代表的な疾患です。

鼻の疾患とも関連があるので、今回は、眼形成や耳鼻科の先生も参加されていました。

”道場”というだけあって、より具体的な手技の説明もあり、「正しい涙囊マッサージ」なども話題にのぼりました。

眼って奥が深い!

最近は涙道洗浄をやらなくなった眼科が多いのですが、当院では積極的に実施しています。

患者さんからも、「スッとするからやってほしい」とリクエストされることもあるほど!

「自転車に乗って、冷たい風を浴びると涙が流れてくるんです〜」という方は、一度涙道のチェックをしておきましょう。